読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢か現か幻か

@toomoo_9211_ 関西っていいよね。

春松竹参戦記録〜やっぱりjr担は何が起こるか分からない〜

※出演者は変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

これは出演者変更によって推しがいなくなってしまった、とあるヲタクの参戦記録です。

 

3/19日、私は全滅したにも関わらず有難いことにお譲りしてくださる方が見つかり無事春松竹に参戦できる事になった。

やっぱり柊和くんはいなかった。いや、ちゃんと前日の時点でTwitterを見ていたので、分かってはいた。と、いうのも3/18.19日は関西jrのビックイベントの1つでもあるジャニーズWESTのツアーバックと被っていたのだ。

3/18日の春松竹レポで柊和不在の文字を見て(正確に言うと他にも不在メンバーはいた)察した。そうか、静岡に行っちゃったのかと。去年は松竹座に残っていたから、今年もいてくれると、私は勝手に思っていた。

もちろん、色んなお仕事が増えることは有難い。有難いけども!!こっちは柊和くん見るために今日まで頑張って生き延びてきたんだよ!!!泣泣(重い)

さすがに悔しくて泣いた。それにホントに松竹座にいるメンバーには申し訳ないんだけどちょっと行きたくないな〜とも思い始めていたのも事実…

 

そのため、序盤は結構亡霊のような眼差しで見てた。あぁ、きっと今このタイミングで柊和バク転してたんだろな…あ、この隙間柊和くんが入る所だ……

しかし、さすがに神様も不憫に思ってくれたのだろうか、そんな腑抜けた私に魂を吹き込んでくれる人物が現れた。それが、福本大晴くんだった…。初めて双眼鏡越しに見た時びっくりした。あれ?こんなキャラだっけ??正直私の中では決まったー!90度ー!とか拙者、過ちを犯したため切腹致す、ブシュ!テーレー!!なんて全力で一発芸を披露しているいかにも関西jrです!みたいなイメージのまま時が止まっていた。

カッコよかった。私の中のイメージとのギャップが強すぎて、双眼鏡を持つ手がどんどん震えていって、ヲタク心が疼きだしてきたのが分かった。

そしてここでも神様は優しかった。中盤のコントでは見事JK大晴のローテに当たった。お母さん、おじいちゃんただいまー!っと聞き覚えのある声が自分の耳にも届き、花道から後ろ姿が見えた瞬間にはもう、躊躇いもなく奇声を発していた。(公演終了後、隣に入っていた友人に、女装であれだけ絶叫する奴初めて見たと少々引いた目で見られたのはここだけの話)この頃からあっ、自分ヤバいかもしれないと徐々に気づき始める。

それからは1分1秒でも長く、大晴くんを目に焼き付けておかねば!と使命感に燃え、申し訳ないが、おみくじペンライトは脇に抱え両手で双眼鏡がブレないように力を込めた。必死だった。気付けば夢中になりすぎて、

こんな事もあった。 

そんなこんなで、公演終了後は体内の全アドレナリンが分泌されたように、幸せで満ち溢れていた。興奮がなかなか治らず、

訳のわからない家に着いてからメモまで作っている始末…今の所自分ではまだ大丈夫だと思っているのだが、突然ヲタクとしての衝動に狩られて、気付けばここ一年分ぐらいの大晴くんが出演してたまいジャニのトークとshow timeは全て漁っていた。一応、推しは柊和くんと決めているのだが、何せDD思考を持っているのでこれからどうなるかは、正直自分でも分からない。

 

振り返ってみると、改めてjr担は何があるか分からないなと身を持って実感した。推しがいると思って入って見たらいないなんて事が実際に起こるわけだし、そこで悲しみにくれてたら新たな沼を開拓しちゃう可能性だってあるわけだし…

私だって今回は楽しめたから良かったものの、もう推しがいなかったときの絶望感を味わうのなんてもう懲り懲りだ。事務所もそこの所はいい加減しっかりとしてほしい。

色んな意味で、心に残った今回の春松竹参戦だった。

funky8×back numberで妄想しました。

back numberの曲に登場する主人公をfunky8に当てはめて聴く、というのが最近の私の趣味です。もうこれが楽しすぎるのでブログにしちゃいました…!!

突然ですが、それではどーぞ!!※何の前触れもなく突然妄想が始まる場合があります。

 

 

朝田淳弥×高嶺の花子さん

http://j-lyric.net/artist/a04fdf2/l02d57c.html

この曲を簡単に説明すると、みんなの憧れの的、高嶺の花である女性に恋をしてしまった男の子の素直な願望がかなり厨二病気味な言葉で表現されている歌です。

もうお気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、厨二病=淳弥!!!!という安易な理由で選びました。(失礼)

(朝田淳弥くんはメンバーやファンの間で厨二病と言われています)

君を惚れさせる 黒魔術は知らないし 海に誘う勇気も車もない

なんか淳弥くん×黒魔術って似合いません??(だからホントに失礼)

会いたいんだ 今すぐその角から 飛び出してきてくれないか
夏の魔物に連れ去られ 僕のもとへ
生まれた星のもとが 違くたって 偶然と夏の魔法とやらの力で
僕のものに なるわけないか

誰か「この角を曲がれば…!!曲がればあの子がっっ!!!」て妄想してたり、「俺とあの子は、生まれた星が違ったんや…しゃあないやろ…」って卑屈な厨二発言してたり、「こうなったら!もう!魔法に頼るしか…!!!」って変な方向に頑張り出したりする淳弥くんの青春ハチャメチャラブコメ撮ってください〜〜!!!!

 

 

大橋和也×恋

http://j-lyric.net/artist/a04fdf2/l027e56.html

こーれーはもう誰も異論なしでしょ!!!ってぐらいピッタリだと勝手に思っております。

ぼんやりと君を眺めていたんだ
校舎の窓から
やっぱりかわいいなって

ぼんやりと校舎の窓から好きな女の子を眺めて「かわええな〜(ニコニコ)」って呟いてる大橋くんください。

でもできるなら あの子の事

だけは 神様仏様 なんとかなり

ませんか?

と毎日祈っている大橋くんください。

 

 俺は今日、ずっと片思いしていた女の子に告白する。

という大橋くんのナレーションから始まり、卒業式の日、正面玄関の前でみんなが写真撮ったり最後の会話を楽しんだりしている中、

「俺と、付き合ってください!!」

大橋くんは大勢が見ている前で女の子に告白をします。と、その瞬間、画面が急に逆再生を始め3年生の4月にまで遡る…そして、その日から卒業式までの大橋くんの片思いの日常描いた物語が始まるのだった…。

と、主演:大橋和也の10話完結青春学園ドラマの冒頭部を考えてみました。(唐突)

 

 

末澤誠也×僕は君の事が好きだけど君は僕を別に好きじゃないみたい

http://j-lyric.net/artist/a04fdf2/l038c2b.html

タイトルが鬼のように長い…まあそれはさておき!

僕は君の事が好きだけど

君は僕を別に好きじゃないみたい

答えがあまりにシンプルすぎて

もうね 何も言えないね

ぐうの音も出ないってこの事だね

でも気が済むまで 好きでいるけど

あんまり気にしないで

この曲は女の子に告白して振られちゃった主人公の気持ちが歌われてる曲です。と、ここで、妄想入りまーす!!

とある私立高校で生徒会長をしているチャラめ爆イケDKの末澤くん。(実際彼は高校時代、生徒会長してました)もちろん、めちゃめちゃモテます。自分もそれを自覚してますし、めっちゃ女を取っ替え引っ替えしながら遊んでます。と、そこにちょっと気になる女の子が現れたので、いつものようにOKされる気満々でさらっと告白してみた。が、しかし!この女の子に容赦なく振られてしまう…

「私、チャラいの嫌いだから」(ちよっとキツめのツンデレな女の子でお願いします)

末澤くんも最初は「何やねんあの女!意味わからんわ!!」とかいいつつも、その子の事がずっと気になったままで、ある日自分が本気になっている事に気付く。その日から遊んでいた女の子の連絡先を全て消去し彼女一筋になって猛アタックを開始したり、さらには突如現れたしつこい元彼を追い払ったり!!!そして最終話、ついには…!!!!

ふーー。楽しかった。(全て妄想です)

はい、この妄想がしたいが為にこの記事書いたようなもんです。これ歌詞もなんですけど、曲ももの凄く可愛いのですっごくオススメです。

 

 

林真鳥×女優助演症2

http://j-lyric.net/artist/a04fdf2/l03868a.html

私には、この曲はまとくんに抱き捨てられた女の歌にしか思えません。これに関しては特に何も言わないので、とりあえず1回聞いてみてください。まとくんに抱き捨てられた気分を味わう事ができます。(最後に何)

 

 

と、完全に私のありとあらゆる欲望が詰め込まれたブログになってしまいましたが…

とーーっても楽しかったので結果良しとしよう。あと、私の妄想力が低いばっかりに4人しか登場させる事ができず申し訳ございません…!!back numberは男の子の気持ちを歌った曲が多いので妄想には持ってこいです!!みなさんもぜひ!!

こんなただ気持ち悪いだけでしかない妄想ブログを読んでいただき、ありがとうございました!!

 

 

ただひたすら平野くんについて語る

先日、友人にこんな事を言われた。

「平野くん?ああ、確かにかっこいいよね!うん、かっこいいんだけどね!?う〜ん…なんというか、かっこいいで終わっちゃうんだよね〜なんか、ハマりはしないよね!」

思わず唖然としてしまった。出だしからこんなズバっと書いてしまい申し訳ないが、これは大変深刻な問題である。確かに、言われてみると私自身も薄々気付いていた節がある。平野くんの事をかっこいい!とか、何でもできてすごい!と言う人はよく見かける。もちろんそれはすごく嬉しいし、ヲタクとしても誇らしい気持ちになる。(勝手に)だが、そこで終わりなのだ。そこから先に進んでもらえない。つまり、結局何が言いたいのかというと、

みなさん、平野くんをただの王道アイドルで流していませんか?

顔は綺麗だし、歌もダンスも上手い、おまけにアクロバットもフライングもできるし、座長までやってのける…

自担をここまで褒めるのもあれだが、確かにアイツはすごい、もはや天才。

だがこれだけは言わせてくれ!別に天才だから応援しているわけではない!!平野くんにはそれよりもっと良い所がいっぱいあるんだよ!!!!

(ごめんなさい、荒ぶりました)

と、ここで私は考えた。今まで平野くんにハマってこなかった人を沼に落とし込む為にはどうしたらいいのだろうか…

そうだ!かっこいい、すごいではなくジャニヲタが好きな萌えと可愛さで攻めていけばいいのではないだろうか!?というわけで突然だが、これからヲタク的観点で平野くんの可愛さを全力で布教していきたいと思う。

それでは早速どうぞ!!

 

1、笑顔がぎこちない

平野くんの事を何でもできるスーパーアイドルだと思っていたそこのあなた!人には必ず弱点というものが存在するのだ。平野くんの笑顔がぎこちない事は雑誌など見ていただければすぐにわかると思う。(特にジャニショの公式写真がひどい)

こんな事を言っては失礼かもしれないが、アイドルスマイルを作るなんて、命綱なしのフライングなんかと比べるとずっと簡単なはずだ。私も最初は、それぐらい練習しよ?なんて正直思った事もあったが、ヲタクとは愚かなものでだんだんそれが可愛く思えてくる。最近は「あっ!今日はいつもより口角上がってる!」とか「カメラマンさん!もっと平野くんを笑わせてあげて!(モンペ気味)」とかぶつぶつ言いながら雑誌を見るのが結構楽しい。だけど、平野くん自身も笑顔が苦手だという事を自覚しているらしく(以前何かの雑誌で言ってた)、最近は口を閉じて笑いがちなのが少し残念でもある。

あと、不思議なことに平野くんはカメラ目線じゃなかったら普通に笑えている。えっ普通に笑ってるじゃん!かわいい〜♡って思ったら大抵誰かと喋ってて目線が横に状態。その顔をカメラに向けたらいいのにって思うのだが、どうやらそれは難しいらしい…

あんなにイケメンなのに緊張で笑顔が作れない。こういうギャップ萌えこそがヲタク心をぐっと掴んでくるのではないだろうか…

2、ジュニアにQがとにかく可愛い(語彙力のなさ全開の見出し)

喋ってる紫耀くんを見た事がないという人はとりあえず動画サイトで「ジュニアにQ 平野紫耀」で検索して頂きたい。あの短時間の尺にあそこまで可愛いを爆発させてくる人なんていないと思う。

喋ってる内容自体は正直よく分からない事が多いし、さすがの私でも「いや、それは流石にわざとだろw」なんてテレビ画面に向かって思わずツッコんでしまう事もある。が、しかし、進行の河合くんに意味わかんねーよ!wと貶されるも、戸塚くんに何とかして理解してもらえた時のあの満面の笑顔を見れただけでヲタクは十分幸せなのだ。内容なんて関係ない。平野くんの天然がわざとだろうが狙っていようがそんな事はもうどうでもよくなってくるのだ。

みなさんも学校や仕事で疲れてしまった時など、何も考えたくない時に見て欲しい。気づけば再生回数が100回を超えているなんて事に…(ならねーよ)

最後に、平野くんを起用してくださるjrにQ担当者様、温かいツッコミで平野くんの可愛さを最大限に引き出してくれる河合くん戸塚くん、いつもありがとうございます。(これは一体何ブログ)

3、実は真面目

最後は真剣に語ろうと思う。平野くんは何でもさらっとこなしていると思われがちだが、当の本人は周りが想像している以上にひどく考え込んでいるのだと思う。

どういう事かというと、平野くんはジャニワなど、大きな舞台の前になると突然激やせしだすのだ。ひどい時は頬がこけて、げっそりしていて舞台が決まる前と舞台直前の雑誌の写真を比べてみると違いは一目瞭然だ。本人も言っていたが舞台前は緊張でご飯が喉を通らなくなるようなのだ。

こんな事を言うのは本人にも大変申し訳ないが、この言葉を聞いた当初、平野くんも人間なんだ…と初めて実感できた気がする。あまり自分の事を多く語らない平野くんだからこそ余計にぐっとくるものがあったし、何も考えてなさそうに見えて実は想像を遥かに超えたプレッシャーと戦っているんだろうな…と勝手に感慨深い気持ちになった。

とはいっても、毎回そんな状態になるのだからこの事に関しては本気で心配になる。でも、それでもそんな不安とプレッシャーを振り切って舞台に立ち続けてくれるからこそずっと応援していたくなるのだ。

 

 とまあ、最後は若干重くなった上に、終始グダグダな文章になってしまって申し訳ない。こんな語彙力で平野くんの事を伝えられた自信がこれっぽっちもないので、もしも平野くんが気になっている方がいるなら是非とも動画サイトで少クラなり、昔のまいジャニなり1度見てみて ほしい。(Twitterでリプくだされば全力でステマしに行きます)

そして、今日はそんな平野くんの20歳の誕生日だ。(一応これ誕生日お祝い記事です)ついに大人になった平野くんは一体どんな活躍を見せてくれるのだろうかとすごくワクワクしている。しかし、その一方、jrとは儚いものでいつ何が起こるかは分からない。それでもこの世界にいてくれる限り平野くんを応援していきたいと改めて思った今日、1月29日だった。