夢か現か幻か

@toomoo_9211_ 関西っていいよね。

ただひたすら平野くんについて語る

先日、友人にこんな事を言われた。

「平野くん?ああ、確かにかっこいいよね!うん、かっこいいんだけどね!?う〜ん…なんというか、かっこいいで終わっちゃうんだよね〜なんか、ハマりはしないよね!」

思わず唖然としてしまった。出だしからこんなズバっと書いてしまい申し訳ないが、これは大変深刻な問題である。確かに、言われてみると私自身も薄々気付いていた節がある。平野くんの事をかっこいい!とか、何でもできてすごい!と言う人はよく見かける。もちろんそれはすごく嬉しいし、ヲタクとしても誇らしい気持ちになる。(勝手に)だが、そこで終わりなのだ。そこから先に進んでもらえない。つまり、結局何が言いたいのかというと、

みなさん、平野くんをただの王道アイドルで流していませんか?

顔は綺麗だし、歌もダンスも上手い、おまけにアクロバットもフライングもできるし、座長までやってのける…

自担をここまで褒めるのもあれだが、確かにアイツはすごい、もはや天才。

だがこれだけは言わせてくれ!別に天才だから応援しているわけではない!!平野くんにはそれよりもっと良い所がいっぱいあるんだよ!!!!

(ごめんなさい、荒ぶりました)

と、ここで私は考えた。今まで平野くんにハマってこなかった人を沼に落とし込む為にはどうしたらいいのだろうか…

そうだ!かっこいい、すごいではなくジャニヲタが好きな萌えと可愛さで攻めていけばいいのではないだろうか!?というわけで突然だが、これからヲタク的観点で平野くんの可愛さを全力で布教していきたいと思う。

それでは早速どうぞ!!

 

1、笑顔がぎこちない

平野くんの事を何でもできるスーパーアイドルだと思っていたそこのあなた!人には必ず弱点というものが存在するのだ。平野くんの笑顔がぎこちない事は雑誌など見ていただければすぐにわかると思う。(特にジャニショの公式写真がひどい)

こんな事を言っては失礼かもしれないが、アイドルスマイルを作るなんて、命綱なしのフライングなんかと比べるとずっと簡単なはずだ。私も最初は、それぐらい練習しよ?なんて正直思った事もあったが、ヲタクとは愚かなものでだんだんそれが可愛く思えてくる。最近は「あっ!今日はいつもより口角上がってる!」とか「カメラマンさん!もっと平野くんを笑わせてあげて!(モンペ気味)」とかぶつぶつ言いながら雑誌を見るのが結構楽しい。だけど、平野くん自身も笑顔が苦手だという事を自覚しているらしく(以前何かの雑誌で言ってた)、最近は口を閉じて笑いがちなのが少し残念でもある。

あと、不思議なことに平野くんはカメラ目線じゃなかったら普通に笑えている。えっ普通に笑ってるじゃん!かわいい〜♡って思ったら大抵誰かと喋ってて目線が横に状態。その顔をカメラに向けたらいいのにって思うのだが、どうやらそれは難しいらしい…

あんなにイケメンなのに緊張で笑顔が作れない。こういうギャップ萌えこそがヲタク心をぐっと掴んでくるのではないだろうか…

2、ジュニアにQがとにかく可愛い(語彙力のなさ全開の見出し)

喋ってる紫耀くんを見た事がないという人はとりあえず動画サイトで「ジュニアにQ 平野紫耀」で検索して頂きたい。あの短時間の尺にあそこまで可愛いを爆発させてくる人なんていないと思う。

喋ってる内容自体は正直よく分からない事が多いし、さすがの私でも「いや、それは流石にわざとだろw」なんてテレビ画面に向かって思わずツッコんでしまう事もある。が、しかし、進行の河合くんに意味わかんねーよ!wと貶されるも、戸塚くんに何とかして理解してもらえた時のあの満面の笑顔を見れただけでヲタクは十分幸せなのだ。内容なんて関係ない。平野くんの天然がわざとだろうが狙っていようがそんな事はもうどうでもよくなってくるのだ。

みなさんも学校や仕事で疲れてしまった時など、何も考えたくない時に見て欲しい。気づけば再生回数が100回を超えているなんて事に…(ならねーよ)

最後に、平野くんを起用してくださるjrにQ担当者様、温かいツッコミで平野くんの可愛さを最大限に引き出してくれる河合くん戸塚くん、いつもありがとうございます。(これは一体何ブログ)

3、実は真面目

最後は真剣に語ろうと思う。平野くんは何でもさらっとこなしていると思われがちだが、当の本人は周りが想像している以上にひどく考え込んでいるのだと思う。

どういう事かというと、平野くんはジャニワなど、大きな舞台の前になると突然激やせしだすのだ。ひどい時は頬がこけて、げっそりしていて舞台が決まる前と舞台直前の雑誌の写真を比べてみると違いは一目瞭然だ。本人も言っていたが舞台前は緊張でご飯が喉を通らなくなるようなのだ。

こんな事を言うのは本人にも大変申し訳ないが、この言葉を聞いた当初、平野くんも人間なんだ…と初めて実感できた気がする。あまり自分の事を多く語らない平野くんだからこそ余計にぐっとくるものがあったし、何も考えてなさそうに見えて実は想像を遥かに超えたプレッシャーと戦っているんだろうな…と勝手に感慨深い気持ちになった。

とはいっても、毎回そんな状態になるのだからこの事に関しては本気で心配になる。でも、それでもそんな不安とプレッシャーを振り切って舞台に立ち続けてくれるからこそずっと応援していたくなるのだ。

 

 とまあ、最後は若干重くなった上に、終始グダグダな文章になってしまって申し訳ない。こんな語彙力で平野くんの事を伝えられた自信がこれっぽっちもないので、もしも平野くんが気になっている方がいるなら是非とも動画サイトで少クラなり、昔のまいジャニなり1度見てみて ほしい。(Twitterでリプくだされば全力でステマしに行きます)

そして、今日はそんな平野くんの20歳の誕生日だ。(一応これ誕生日お祝い記事です)ついに大人になった平野くんは一体どんな活躍を見せてくれるのだろうかとすごくワクワクしている。しかし、その一方、jrとは儚いものでいつ何が起こるかは分からない。それでもこの世界にいてくれる限り平野くんを応援していきたいと改めて思った今日、1月29日だった。